スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
自己紹介
HN:ナカジー
性別:男性
趣味:お酒・山・音楽・読書

1999年12月IDDM(I 型糖尿病)発症
2011年3月末 東京卒業

八ヶ岳の麓 標高1130mの森の中で暮らしています。
広い空間・静かな時間・地に足の着いた生活を目指しています。

同病の方々のブログを拝見し、どれだけの勇気・希望を
頂いたか計り知れません。私も先輩ブロガーさん達の様に
受信だけでなく、闘病生活を発信していこうと思います。

食事と運動による血糖値の記録
趣味の登山や田舎暮らしの日記
素人大工で作っている丸太小屋
などの日々を書いて行きます。

IDDM (I 型糖尿病)
I 型糖尿病(インスリン依存型糖尿病、小児期に起こることが多いため
小児糖尿病とも呼ばれます)は、主に自己免疫不全によって
おこる病気です。自分の体のリンパ球があやまって内乱を起こし
自分自身のインスリン工場、膵臓のランゲルハンス島B細胞の大部分を
破壊してしまうことで発病します。
生活習慣病でも、先天性の病気でもありません。
I 型糖尿病では、自分の体の中の工場でインスリンを作ることが
できなくなってしまいます。血糖測定をしながら、生涯にわたって
毎日数回のインスリン自己注射を続ける以外に治療法はなく、
糖尿病患者の99%を占めるⅡ型(成人型)糖尿病とは原因も
治療の考え方も異なります。
日本での年間発症率は、10万人あたり1名と言われています。

*トップの写真は丸太小屋の近くから撮影した八ヶ岳です。
スポンサーサイト
[2011/04/01 05:50] | はじめに | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。